心理療法室の紹介

Psychology

心理療法室の業務内容

矢印

心理療法室の業務内容

心理療法室では担当医からの依頼を受け、臨床心理士が患者様に心理検査、カウンセリングを行っています。

心理療法について

心理検査

性格傾向や能力のバランスを把握する

心理検査

患者様がご自身の性格傾向や能力のバランスなどを把握すること。
加えて、担当医が今後どのような援助の仕方が適切であるかを判断するための資料となります。

カウンセリング

話すことでこころを軽く

カウンセリング

「話すこと」それだけでも気持ちが楽になることがあるのではないでしょうか。カウンセリングは症状の軽減だけでなく、心理的な「悩み」の解決もご援助致します。

他の職種との連携

心理教育

心理教育

精神科の病気について、その症状や服薬の大切さ、回復の過程などについて正しい情報を提供致します。
また、参加される患者様が自らの体験を語り、共有することによって、主体的に治療に取り組めるよう援助することも目的としています。

統合失調症の患者さん、アルコール依存症の患者さんを対象とした2つのセッションを適宜行っています。

精神科家族会「みどりの会」

精神科家族会「みどりの会」

患者様ご本人のみならず、ご家族の方々も様々な悩みを抱えていることと思います。
家族会は患者様との接し方や将来への不安など、悩みを共に語り合う場です。
加えて、各種福祉制度の利用の仕方や地域の家族会活動の情報提供なども行っています。

ご参加を希望される方は臨床心理士 加賀谷、または精神保健福祉士 久保田、作業療法士 澤村までご連絡ください。

外来・入院のご案内

当院の外来(初診・再診)、入院・病院のご案内はこちらからご覧ください。

初めて受診される方はこちら。
初めて受診される方はこちら。
再診の流れについてはこちら。
再診の流れについてはこちら。
入院の手続きや入院生活についてはこちら。
入院の手続きや入院生活についてはこちら。
帯広病院のご案内はこちら。
帯広病院のご案内はこちら。

患者相談窓口

初診、再診、紹介状の有無、「何科を受診したらいい?」などお気軽にお問い合わせください。

0155-33-3155

受付 9:00〜16:00 担当:医事専門職

よくある質問もご覧ください。